カウンセリング内容

カウンセリング内容

あなたが、自分の「こころ」の中に巣食う邪悪なドラゴンを倒し、
光と希望の満ちあふれた世界を取り戻す旅にでるとしたら…

私たちはあなたがたの冒険に助言を与え、道案内をする旅のガイドなのです。

Step1. まずはあなたのお話をお聴かせください。

「カウンセリングは話を聞くだけ」というイメージをお持ちの方も多いと思います。

私たちカウンセラーは、受容的共感の態度でクライアントに摂します。
受容的共感とは、クライアントの下に立ち、その状況と感情を理解することです。

「こころ」と「目」と「耳」を使った「聴く」という技術で、あなたの問題の本質をさぐります。

「質問」と「確認」をくりかえし、洋服を一枚一枚脱ぐことで、裸の「こころ」と向き合います。

そして、クライアントの深層心理に潜む、問題の本質を浮き彫りにします。

ここまでは、普通のカウンセリングと同じプロセスです。
私たちは、ここから一歩踏み込んで、クライアントの「こころ」の旅をガイドします。

Step2. あなたの無意識の声を聴いてください。

人間のすべての行動には「肯定的な意図」があるのです。

あなたを悩ます行動も、あなたを苦しめるその考え方も、もとをただせばあなたを守るためだったり、意義のあることだったりするのです。

しかし、そのプログラムを入力した時期が幼い時だったり、知識のおぼつかない時だったので、間違ったコマンドを入力してしまったために、今となってはあなたを苦しめる結果になってしまっているのです。

それが、あなたの「こころ」の中に潜み、あなたを苦しめる原因なのです。

普段意識上では見ることのできない、無意識のなかにある「問題の本質」なのです。

私たちは、このポイントを質問と確認を繰り返すことで探し出します。

あなたはリラックスして、ただに思いつくままにイメージを語っていただくだけで、「こころ」の旅は「確信の扉」へと近づいて行くのです。

Sgtep3. プログラムを書き換えよう。

Sgtep3. プログラムを書き換えよう。 そして、あなたはついに「確信の扉」をあけて、「問題の本質」を発見するのです。

そして、その「問題の本質」を見つけたらそれを書き換えるための、イメージワークや催眠によるトランスワークを行います。

その問題は無意識のなかにあって、意識上からコントロールすることができないので苦しいのです。

無意識で引き起こす行動も、本質的にはあなたのために良かれとおもって行っているのだから、目的にそった正しい行動にコマンドをいれかえるのです。

人間は、様々な事柄を言葉で意味をつけて「こころ」の中の時間軸に保存しています。

起こってしまった過去の出来事を変えることはできませんが、あなたの「こころ」のなかにある「意味」は変えることができるのです。

そして「こころ」の中の時間軸をさかのぼって過去に行くことも、未来に行くことも可能なのです。

あなたの歴史はあなたの「こころ」の中にしか存在しないのです。 あなたは自分の歴史を書き換え、「こころ」を味方につけることが可能なのです。

いままであなたを苦しめていた無意識の問題が、あなたを勇気づけるリソースへと変化していくのです。

Step4. なりたい自分になる。

今までの苦しみの原因を理解し、リソースに変えることであなたは明るい未来を得ることができます。

あとは、自分の目標にむかってすべてのリソースを利用し、なりたい自分になるのです。

いままで、生きることに苦労していた自分が、明るい未来に向かって歩き出していることに気がつくでしょう。