マインドクラフトについてよくある質問

マインドクラフトについてよくある質問

マインドクラフトについてよくある質問をQ&A形式でまとめました。

カウンセリングは何回くらい受ければ効果が現れますか?
症状や、抱えている問題によってまちまちですが、早い時には1回のカウンセリングで解決することができます。

重い方でも3回~5回のカウンセリングで、相当の効果を得られます。

また、定期的に通われることで、「こころ」のバランスを保ち、問題をかかえないようにするという予防策をとる方や、スキルアップのために「こころ」のトレーニングをされる方もいらっしゃいます。

どんな方でも、効果や変化は1回目から実感していただける場合が多いです。
そして、無意識に対するアプローチは、普段の生活に戻っても影響を与え続けるので、朝起きたら問題がなくなっていた…とか、ある程度の期間で変わっていった…等さまざまなカタチで結果があらわれます。
対面でのカウンセリングに緊張してしまいます。
家を出ることができない…人に会うのが怖い…乗り物にのることができない…遠方のため通えない…等のお悩みをかかえているクライアントのかたには、すべてのコースをスカイプで行うことも可能です。

また、家族の方を同伴させることも可能です。
すべてのクライアントが安心してカウンセリングを受けていただけるように、いかようにもアレンジいたします。
NLPの技法には科学的根拠がないという話をききました。
NLPはすべての心理カウンセリングで効果があるといわれたもの(実際に患者を治したというエビデンス)をモデリングし、その技法を取り入れてます。

科学的証拠というのは、一定の条件のうえで、いつでも、だれにでも、同じ結果をだす必要があります。
クライアントの「こころ」は一つのパターンではありません。
100人いれば100通りの結果が出て当然です。

すべての心理カウンセリングが、現代の科学で解明できるということでもないのです。
この分野は今後、脳の研究によって解明されて行くと思います。

今のところ効果があるという以上に、科学的根拠を求めることは必要でしょうか?

科学的根拠に根付いた時間のかかる方法と、科学的根拠はまだ解明されていない効果的な方法のどちらをえらぶかはクライアントの判断です。
医療保険はききますか?
カウンセリングは医療行為ではないので、医療保険は適応外です。精神科医の方で、カウンセリングを学ばれている先生に相談してみるのはいかがでしょう?
実際にどのようなことをするのでしょう?
まずはクライアントの話を、じっくりとうかがいます。
その上で、心理学や脳科学、潜在意識理論、感情の原理など、さまざまな視点から、今の状態をご説明します。
その後、その問題にどのような方法でアプローチしていくかを相談し、プランニングをたてます。 最終的にクライアントが「どのようになりたいか」目標を設定し、それにむけてさまざまなワークを行います。
催眠について教えてください。
催眠というと、テレビやマジックなどでみかける人を操る不思議な魔法みたいなもの…と思われている方も多いと思います。

私たち全米催眠協会の会員は、エンターテイメントのために催眠を使うことは禁止されています。 そして、催眠はあらゆることに有効です。
催眠状態とは、意識から無意識にアプローチできる状態と認識しています。
「こころ」の問題の多くは、無意識の領域に潜んでいます。
だから、意識と無意識がつながることが、問題解決の早道であり、必要条件なのです。そのために催眠は非常にすぐれたツールとなるのです。
比較的深い催眠状態をトランスといいますが、トランス状態にならなくても、会話をしている時でも意識と無意識はつながることはできるのです。
自分にあっているカウンセラーがみつけられずに困ってます。
そのために無料のスカイプ相談やメール相談を行っています。あとは、ご自分の無意識を信じて直観で選んでいただければOKです。
また、症状によってはお断りする場合もあります。先天的に脳に異常のある方、本気で治そうと思ってない方、薬物中毒等の方は残念ながらお力になれません。
どんな症状の人が受けに来るのですか?
うつ(鬱病)をはじめ、医者で原因が分からないと言われた心身症と思われる症状で苦しむ方、イライラがおさまらない、人前で話ができない、すべてに対してやる気が出ない、極度の緊張、恐怖症、過去のトラウマにとらわれたまま、極度に嫉妬をしてしまう、当たり障りのない会話ができない、人が信じられない、自己評価が低い、ひきこもりなどの相談が多いです。
途中で止めることはできますか?
もちろん、カウンセラーとの相性等さまざまなことが影響を与えますので、効果がないと思ったらいつでも「一旦ここで止めて様子を見ます。」と言っていただければ大丈夫です。
何か質問などがあれば個別で対応して頂けるのですか?
カウンセリング期間中であれば、メール相談は無料でさせて頂いています。こちらからも気になることがあれば、メールでフォローいたします。
話したいことや、思い出したくないこともあるのですが・・・
話したくないことがあれば、「それについてはちょっとお話しできません。」と言って頂ければ、大丈夫です。無理に思い出す必要も、すべてを話す必要もありません。また、守秘義務がありますので、相談内容は絶対に漏れることはありませんので、ご安心ください。