ニューロロジカル・レベル

ニューロロジカル・レベル

プリント

 

ニューロロジカル・レベルとは

ロバート・ディルツがイギリスの人類学者グレゴリー・ベントソンの考えを体系化したもので、人間の意識を「環境」「行動」「能力」「行動」「信念・価値観」「自己一致」「スピリチュアル」の6つの階層に分類した。

6つのレベルは、図のように「環境」が最も下位レベルで、「行動」「能力」「信念・価値観」「自己一致」「スピリチュアル」の順で上位に位置する。

6つのレベルは互いに関係を持ち、上位の概念は常に下位の概念に影響を与えることになる。

つまり、人の思考は、より上位の概念が支配力をもっている

① 「環境」レベル  When~?「 いつ」Where?「どこで」

場所、時間、人、物など、その人を取り巻く周囲の状況。

周りにはどのような人がいるか、何が見えて何が聞こえているか、どのような空間にいるか、それは仕事の時間か、休憩中か、スケジュールはどのようなものか、必要な物は十分に揃っているのか、それらの状況は五感を通して認識することができる。

② 「行動」レベル  What~?「何」

私たちが何をするか、何を考えるか、行動だけでなく思考もこのレベルに入る。

自分から起こす行動以外に、外からの刺激に対する反応も含む。

行動レベルを変えることで、環境を変えることができる。

歩くことで他の場所に行くことができる。

掃除をすれば部屋が綺麗になるように、行動することで周囲の環境を変えることができる。

③ 「能力」レベル How ~? 「どのように」

特定の行動を行うためのスキル、技術、資質。

たとえば、場所を移動するためには「歩く」という能力が必要になる。

その行動を行うためには、その行動を行う能力が必要になる。

この能力の質が、行動の質を左右し、環境のあり方にも影響を及ぼす。

楽器を弾ける能力の差が、楽曲の難度や表現力に影響をあたえるように、能力は、その人の内部にあるため、行動の結果になってのみ外部にあらわれる。

④ 「信念・価値観」レベル Why?「なぜ?」

「信念」は何かをする基本原則。

私たちが信じていると言っていることではなく、行動の原則になっていること。

人間の行動には必ず理由がある。信念は、人間の行動に意味を付ける。

「価値観」は、「なぜわれわれがそれをやるのか」の答えにあたる重要なことである。

信念と価値観は、人生の方向性を示し、正誤の判断基準となる。

⑤ 「自己一致」レベル アイデンティティー Who?「誰」

自分はなにものか、役割、使命をあらわす。

「自分は○○である。」と認識している部分。

「私はいい教師である。」「私は優れた社員である。」「わたしは有名な女優である。」など、自分のことをどのように認識しているかという、自己存在感覚であり、人生の使命を定義する中心的信念であり価値観である。

経験によって築かれ、変化に適応する柔軟性がある。

「信念」を生み出し、「価値観」を変え、「能力」を身につけ、「行動」を起こし、「環境」を変える。

⑥ 「スピリチュアル」レベル 結びつき

 個人としてのレベルを超えて、自分は自分を超えた大きなシステムの一部であるという感覚。社会の一員であるという感覚、会社の一員であるという感覚、家族の一員であるという感覚。

このような「共同体感覚」は幸福感を与え、「For Whom? (誰のために)」「For What?(何のために)」という質問の答えにあたる。

スピリチュアルレベルが変わると、自己認識レベルが変わる。仕事は仕事、自分は自分と割り切るよりも、自分は会社の重要なメンバーだと感じることにより、自己認識が「単なる平社員」から「他の社員に良い影響をあたえるリーダー」に変容する。

 

ニューロロジカルの問題は、様々な問 題を引き起こす。

最も重要なのは行動 とアイデンティティーの混乱。

その人 の「行動」レベルの問題を、その人の 「アイデンティティー」の問題にして しまうことである。

たとえば、遅刻を してきた人にむかって「遅刻するなん て時間にルーズな奴だ」と非難するこ となどは、その典型である。

「遅刻」 という行動が問題なのであって、その 人が「ルーズな人」とは限らない。

ニューロロジカル・レベルは「行動」 と人間を分離するのに役立つ。