脳は記憶を書き換える

脳は記憶を書き換える


雲

記憶は書き換えられる…しかも簡単に。

私たちの記憶は、10000億以上あるといわれている脳の中の神経細胞(Neuro)のネットワークの複雑な配列の中で無意識の領域に保存されています。

そして、無意識は作られたイメージと、実際に体験した記憶の区別をすることはできないと言われています。

なぜ、それらを区別することができないかというと、作られたイメージを想起するときと、実際の記憶を想起するとき、どちらも脳の同じ回路が発火するからだと言われています。

作られた記憶がリアルであればあるほど、自分で信じようとする作用が大きければ大きいほど、現実と作られたイメージの境界線は薄れて行きます。

実際にそのような事実がなかったとしても、あなたがそれを事実だと思い込むことで、あなたの記憶のなかではそれが事実として処理されて行くのです。

だから、嫌な記憶はいつだって手放すことができるのです。

他の人がとっくに忘れ去ってる記憶に、あなたが固執しているだけかもしれません。

事実は、消せませんが、それを記憶している人がいなくなれば、その事実も消えてしまうのです。

もし、あなたが過去の嫌な記憶を思い出してネガティブ感情の中に生きている達人だとしたら、辛い過去に浸るのではなくて、楽しい思い出に浸ることもできるはずです。

もし、あなたの頭の中で力づけになるような思い出をたくさん創れるとしたら、それはあなたのリソースになるのです。

過去の記憶はすべて素晴らしい思い出に変えれるとしたら…あなたは、人生の達人になれるはずです。