人間はなぜ悩むか?

人間はなぜ悩むか?

 悩む女性

我々人間は、実に様々な悩みを抱えています。

それは、悪いことでしょうか?

確かに、時にこころを悩まし、行動に制限を与えます。

悩みを抱えているのは、我々人間の複雑な思考パターンのせいなのです。

しかし、それが人間という生き物なのです。

実は、その悩みのパターンは本当はたった一つのことなのです。

 

「本当になりたい自分になれない。」という「無意識」と「意識」の葛藤です。

 

今、あなたが悩んでいること…その悩みの根源は「なりたい自分」と「いまの自分」のズレなのです。

その大きさが、悩みの深さとなり、生きづらい状況を作っているのです。

なぜ、我々は望んだ人生を手に入れることができないのでしょう?

手に入れている人と、手に入れられない人の差はなんでしょう?

それは、幼いころに刷り込まれた「信念」なのです。

人間の思考はさまざまな「信念」が重なり合って、複雑にネットワーク化されできています。

だから、すべての「信念」はあなたという人間を形作る要素の一つなのです。

しかし、その「信念」のなかにもすでに必要じゃなくなったもの、幼い時に作られた誤ったもの、事実とは異なるもの、根拠のないもの…等、現在のあなたに制限を加えたり、誤った方向にあなたを導くものがあります。

わたしたちは、今はもう不要となった「信念」を一つづつ手放しながら、よりなりたい自分へと近づいていくことができるのです。

あなたの「こころ」は、あなたを幸せにするためにあるのです。

自分を信じることで、なりたい自分にいつでもなれるのです。